大口径溶接鋼管

ビュー : 252
更新時間 : 2022-06-15 15:00:12

大径溶接鋼管とは、一般的に直径1m以上の溶接鋼管を指します。スパイラル溶接鋼管、ストレートシーム溶接鋼管、T字溶接鋼管など、多くの溶接形態があります。これらの溶接方法にはそれぞれ独自の利点があり、対応する溶接方式はさまざまな要件に従って作成できます。

一般的に、大径溶接鋼管の圧力は大きくなく、1.6Mpa以下です。主な伝送媒体は、水道水、下水、空気、ガス、その他の媒体です。

その特徴は、狭い原材料を使用して大径の鋼管を製造できること、そして流通性が高く、接続が便利で、溶接の難易度が低く、生産効率が高く、価格が安いことです。

大口径溶接鋼管の誕生は、中国の都市建設の急速な発展を後押ししました。大口径溶接鋼管は、他のパイプラインにはない超ハイコストパフォーマンスと安定性を実現。大径の溶接鋼管は、特に高炭素鋼の製造において、直径と肉厚のサイズ範囲で柔軟性が高くなります。

大径溶接鋼管は、全体の強度が高く、長さが長く、支持力が大きいという特徴があります。幅広い高温、腐食、伝送媒体に適用できます。

関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
LSAW鋼管の主な特徴 LSAW鋼管の主な特徴
Aug .08.2022
LSAW鋼管の主な特徴
鋼管の腐食を防ぐ方法 鋼管の腐食を防ぐ方法
Jul .28.2022
鋼管の腐食を防ぐ方法
継目無管と非継目無管の違い 継目無管と非継目無管の違い
Jul .20.2022
継目無管と非継目無管の違い
高周波ストレートシーム鋼管の製造工程 高周波ストレートシーム鋼管の製造工程
Jul .13.2022
高周波ストレートシーム鋼管の製造工程