鋼管分類

ビュー : 153
著者 : admin
更新時間 : 2022-06-28 10:25:32

★製法による

鋼管は、製造方法によって継目無鋼管と溶接鋼管の2つに分けられます。溶接された鋼管は、略して溶接管と呼ばれます。

1.シームレス鋼管は、製造方法に応じて、熱間圧延シームレスパイプ、冷間引抜きパイプ、精密鋼管、熱間エキスパンドパイプ、冷間紡糸パイプ、押出パイプに分けることができます。

鋼管の束

鋼管の束

シームレス鋼管は高品質の炭素鋼または合金鋼でできており、熱間圧延と冷間圧延(絞り)に分けることができます。

2.溶接鋼管は、溶接工程が異なるため、炉溶接管、電気溶接(抵抗溶接)管、自動アーク溶接管に分けられます。溶接形態が異なるため、ストレートシーム溶接パイプとスパイラル溶接パイプに分けられます。端部の形状から、円形溶接管と特殊形状(角型、平型など)の溶接管にも分けられます。

溶接鋼管は、圧延鋼板を突合せ継手またはスパイラルシームで溶接したものです。製法上も低圧流体伝動用溶接鋼管、スパイラルシーム溶接鋼管、ダイレクトロール溶接鋼管、溶接鋼管などに分けられます。液体およびガスのパイプラインとして。溶接パイプは、水道パイプライン、ガス パイプライン、暖房パイプライン、電気パイプラインなどに使用できます。

★鋼管の材質分類

鋼管は、管の材質(鋼種)によって、炭素管、合金管、ステンレス鋼管などに分けることができます。

カーボンパイプは、通常の炭素鋼パイプと高品質のカーボン構造パイプに分けることができます。

合金パイプは、低合金パイプ、合金構造パイプ、高合金パイプ、高強度パイプに分けることができます。ベアリングパイプ、耐熱・耐酸ステンレスパイプ、精密合金(コバール合金等)パイプ、耐熱合金パイプ等

★鋼管接続モードの分類

鋼管は、平滑管(ねじのない管端)とねじ切り管(ねじの付いた管端)に分けることができます。

ねじ切りパイプは、通常のねじ切りパイプとパイプエンドの厚みのあるねじ切りパイプに分けられます。

増肉ねじ込みパイプは、外肥厚(おねじあり)、内肥厚(めねじあり)、内外肥厚(めねじあり、おねじあり)に分けることもできます。

ねじ切りパイプは、ねじの種類に応じて、通常の円筒または円錐ねじと特殊ねじに分けることもできます。

さらに、ユーザーのニーズに応じて、ねじ切りパイプは通常、パイプジョイント付きで提供されます。

★鋼管コーティング特性の分類

表面コーティングの特性によると、鋼管は黒管(コーティングされていない)とコーティングされた管に分けることができます。

亜鉛メッキ管、アルミ管、クロム管、アルミメッキ管、その他の合金層を有する鋼管。

コーティングされたパイプには、外側コーティングされたパイプ、内側コーティングされたパイプ、内側および外側コーティングされたパイプが含まれます。一般的に使用されるコーティングには、プラスチック、エポキシ樹脂、コールタールエポキシ樹脂、およびさまざまなガラスタイプの防食コーティング材料が含まれます。

亜鉛メッキパイプは、KBGパイプ、JDGパイプ、ねじ付きパイプなどに分けられます。

★鋼管は用途によって分類されます

1.パイプ用パイプ。たとえば、水、ガス、蒸気のパイプラインのシームレス パイプ、石油輸送パイプ、石油および天然ガス幹線のパイプなどです。農業用灌漑用パイプ、スプリンクラー用灌漑用パイプなどの蛇口。

2.熱機器用パイプ。一般ボイラー用の沸騰水管、過熱蒸気管、過熱管、大煙管、小煙管、アーチレンガ管、機関車ボイラー用高温高圧ボイラー管など。

3.機械工業用パイプ。航空構造管(丸管、楕円管、扁平楕円管)、自動車ハーフアクスル管、車軸管、自動車トラクター構造管、トラクターオイルクーラー管、農業機械の角管、角管、変圧器管、軸受管など。

4. 石油地質掘削用パイプ。例: 石油掘削パイプ、石油掘削パイプ (ケリーおよび六角ドリル パイプ)、ドリル ステム、オイル チューブ、オイル ケーシングおよびさまざまなパイプ ジョイント、地質掘削パイプ (コア パイプ、ケーシング、アクティブ ドリル パイプ、ドリル ステム、カラーおよびピン)ジョイントなど)。

5.化学工業用パイプ。例:石油分解パイプ、熱交換器用パイプ、化学機器のパイプライン、ステンレス耐酸性パイプ、化学肥料用高圧パイプ、化学媒体輸送用パイプ。

6. 他の部門のパイプ。例:容器管(高圧ガスボンベ管、一般容器管)、計器管、時計殻管、注射針及びそれらの医療器具。

鋼管断面形状の分類

鋼管製品は、多種多様な鋼種や仕様があり、求められる性能もさまざまです。これらはすべて、ユーザー要件または作業条件の変更に従って区別されるものとします。一般に鋼管製品は、断面形状、製法、造管材料、接続形態、塗装特性、用途などにより分類されます。

★鋼管は断面形状により丸鋼管と異形鋼管に分けられます。

★鋼管は、縦断面形状により等断面鋼管と可変断面鋼管に分けられます。可変断面(または可変断面)鋼管とは、パイプの長方形に沿って断面形状、内径および外径、肉厚が周期的または非周期的に変化する鋼管を指します。主に、外テーパー管、内テーパー管、外段付管、内段付管、周期断面管、コルゲート管、スパイラル管、ヒートシンク付鋼管、二重線付砲身等があります。

関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
継目無鋼管を厳選する理由 継目無鋼管を厳選する理由
Jan .28.2023
なぜ継目無鋼管を厳選する必要があるのか
継目無鋼管の表面に横割れが発生する原因は何ですか 継目無鋼管の表面に横割れが発生する原因は何ですか
Jan .13.2023
継目無鋼管の表面に横割れが発生する原因は何ですか
スパイラル鋼管の溶接速度を向上させるには? スパイラル鋼管の溶接速度を向上させるには?
Jan .09.2023
スパイラル鋼管の溶接速度を向上させるには?
LSAW鋼管の主な特徴 LSAW鋼管の主な特徴
Aug .08.2022
LSAW鋼管の主な特徴